横浜市、心肺蘇生をスマホ用「救命処置アプリ」で解説、市民による応急手当を推奨

東京ニュース通信社は2012年9月4日、動画や静止画で救命処置の方法を解説するスマートフォン向けアプリケーション「救命処置アプリ」を発表した。横浜市と共同開発した ダウンロード提供する。iOS 4.0以降の iPhone/iPad、Android 2.3以降の Android 端末に対応する。
このトピックに関する記事をすべて表示する »