手元のiPhone/iPadを安価に「裸眼3D対応」にする、お手軽スタイル2パターン

よくある液晶保護シートと同じ感覚でディスプレイ面にフィルムを張るだけ、これが大きなポイントだ。3D Picassoフィルムは、偏光フィルム層を含むことで裸眼立体視を実現する仕組み。3D写真撮影アプリ「PicassoCam」、2D→3D変換カメラアプリ「PicassoPhoto」、YouTube
このトピックに関する記事をすべて表示する »

ITmedia