アライアンス・ポート、ノンプログラマでもiOSアプリ開発が可能なフレームワーク「MaterialReader」で、デザイン性、コストパフォーマンスの高い受託開発を開始

合同会社アライアンス・ポート(本社:東京都渋谷区、代表:大和比呂志、以下「アライアンス・ポート」)はノンプログラマーでもiPhone、iPadのアプリケーション(以下、iOSアプリ)の開発が行える、独自のフレームワーク「Material Reader(マテリアルリーダー)」を櫻井
このトピックに関する記事をすべて表示する »